リストラのときにキャッシングが強い見方になった話です。

キャッシングに限らずですがお金を借りるというのは、ある意味「時間を買う」という意味合いがあります。つまり、将来もらえるであろうお金を今使いたい、使わなければならないものに使うためにはお金を借りて将来返せばよいからです。その他にも、キャッシングにはセーフティーネットの役割もあると思います。その一例がリストラのときのキャッシングです。
リストラを予測できる人なんてほとんどいないでしょう。まだまだ終身雇用も色濃く残る日本の会社で、真面目にこつこつ仕事してきて、まさか自分がリストラ対象だなんて思う人はほとんどいないと思います。でも会社の業績悪化が進み経費削減がされていくなかである日突然リストラされる、そんなことが身近で行われているのです。特に30歳代の若年層のリストラですと、勤続年数も短いためもらえる退職金もわずかです。もし会社の社宅や借り上げマンションなどに住んでいる人ですとその引越し費用や新しい住まいに関する費用(敷金や礼金、不動産仲介料)などの出費でその多くがなくなってしまうのではないでしょうか。失業保険でなんとかその場しのぎの生活を続けるとしても先が見えないですよね。
新しく仕事も見つけなければならないし、どんどんお金のかかることばかりが続く。そんな状態で心機一転をはかって前向きに再就職活動なんてできないですよね。そんなときには、一つの方法としてキャッシングを使えばいいのです。バイトなど何かの方法で収入を得ていれば、キャッシング会社も親身になって審査してくれるでしょう。
私自身リストラにあって、しばらく呆然自失で失業保険をもらいつつ、ハローワークに通いながら再就職活動をしていたのですがなかなか仕事が見つからず、失業保険が切れる頃になってキャッシングの必要性に気付きました。それまでは友人などにも貯金を切り崩しながらなんとか生活していると言い続けてたのですが、いざ貯金がゼロになったときの精神的なプレッシャーは言葉になりません。そんなときにキャッシングを利用して、なんとか精神的に楽になったおかげか、面接での受け答えにも自信を持つことができるようになりました。ハローワークの担当者の方にも、「今までは切羽詰った印象が強かったけど、余裕がある受け答えになった」とほめられました。リストラは不運なことですが、これに負けずにキャッシングを利用して、再就職にチャレンジしていきましょう。

ページのトップへ戻る