ノンバンク系のキャッシング業者をわかりやすく説明します。

キャッシングを利用したいと思ってもいろいろなキャッシング業者があって、何を選んでいいのかわからないですよね。キャッシング業者を選ぶときに、銀行系とかノンバンク系というカテゴリーを聞いたことはないでしょうか。銀行系とはメガバンクや地方銀行の関連会社がキャッシング業務を行っている業者を指します。みなさんもよく知っている銀行がバックにいますので、もともと垣根が高いキャッシングを申し込む上で、安心して申し込むことができるのではないでしょうか。銀行系のキャッシング業者は審査もしっかりした上で、融資しているので、安心して利用することができましょう。他方、ノンバンク系のキャッシング業者はどのような業者なのでしょうか。ノンバンクだからといって信用がないとかそういう意味では全くありません。その名の通り、これは銀行以外の会社(例えば、クレジットカードを発行しているような信販会社や、貸金業を本業として営んでいる消費者金融会社)がキャッシングを行っている業者を指します。ノンバンクは銀行と異なり、預金を預けられないという点や資金決済ができないといった点があります。こうしたノンバンク系はグレーゾーン金利が撤廃される前からその数を減らしていましたが、近年特にテレビコマーシャルなどを通じて、一般の人々にも身近な存在になったといえます。さらに女性専用の電話窓口を設けて質問に答えたり、学生に対しても顧客層を拡大するなど、様々な企業努力を行って現在に至っているのです。
ノンバンク系業者は無担保・無保証でも融資を受けられる可能性が高いですし、一般論ですが審査が銀行系と比べて緩いという点はメリットの一つであるといっていいでしょう。他にスピーディーな審査を行ってくれるところも、すぐにお金を借りたい人にとっては大変ありがたい点でしょう。逆に審査が緩い反面金利が若干高くなる可能性がある点、注意が必要です。どのようなキャッシング業者においても、メリット・デメリットがあるので、以上のような背景を踏まえた上でそれが実際の自分自身の借りたいニーズに合っているか、しっかり詳細も勉強した上で、ご利用することがとても大事です。ノンバンク系業者間でも、さまざまなサービスの違いがありますので、これらを見比べた上で、賢くキャッシングを利用していきたいものですね。

ページのトップへ戻る