デートの前の金欠状態のときに、キャッシングに助けられた話です。

恋愛の機会はいつどのような形でやってくるかわかりません。期待せずに参加した合コンで偶然にも気に入った女の子がいたとして、しかもデートに誘ってオッケーもらえたら、テンションが高くなりますよね。でも、そんなときに給料日前でどうしようって思ったことはありませんか?将来いつ来るかわからないデートのために貯金するというのも変ですし、そこは賢くキャッシングを利用するのも一つの手です。
私がある友達の家での飲み会でたまたま参加していた女性がいいなと思って、メルアドを交換してやりとりしていたのですが、フィーリングも合いそうだったので、思い切ってデートを申し込んでみると、オッケーとのこと。ただそのとき上司や新入社員の歓送迎会シーズンで懐事情がとても寂しい時期でした。しかも給料日までまだまだあって、向こうも盛り上がってきていい感じだったので、このチャンスを逃してはいけないと思いました。彼女の行きたいところや食べたいものをリサーチして、練りに練ったデートプランでしたが問題は予算。彼女がどうしても行きたいというジャズのコンサートのチケットの値段もそこそこするし、これを外すと彼女はがっかりするだろうな、と考える一方、お金を友達から借りるのもなんか恥ずかしくて、そもそもまだ成就してないのにデートのためにお金借りるなんて言えない、なんて考えているうちに、約束した日がどんどん近づいていきます。お昼ごはんを抜かしたり、夜の飲み会の誘いを断ったりしても焼け石に水。そんなとき、いつもの通りインターネットでニュースをチェックをしていると、脇にキャッシングのバナーを発見。こういうのを使う人ってどんな人なんだろうと思いながら、とりあえず見てみようと思ってホームページにいくと、本当に様々な理由で上手くキャッシングを利用している人が多いことを発見。デートを理由にしてキャッシングしてもいいんだって思いました。おかげでデートは無事に終了し、彼女とはいい関係を築けていますが、デートのとき思ったのは、自分のお財布を気にしながら、デートする必要がなく、心の底から彼女とのひと時を楽しめたことでしょうか。このことは、キャッシングを利用して精神的に楽になるというのは、とっても大きいことなんだって本当に思いました。

ページのトップへ戻る