給料日前に何かと助かるキャッシングの話です。

給料日がだいたい毎月20日か25日の方が一般的ですが、給料日前に会社の飲み会であるとか、冠婚葬祭関係で、急な出費が必要になることってないでしょうか。あと1週間で給料日なのに、明後日3万円必要だ、ということが時にしてあります。こういった出費の予定は、あらかじめ事前にわかっていることも多いですが、給料日前のお財布が寂しくなる時期に急に発生したイベントには、なかなか対応するのが難しいですよね。

私の場合も、20 日が給料日で、クレジットカードの支払いが毎月10日で、給料日前であるクレジットカードの支払後の約10日間、ときどき生活に必要なお金がギリギリになることがあります。こんなときに、たまたま同僚の転勤が決まり、送別会が行われることになりました。しかも、その彼には送別の品として高級ボールペンを送ることとなり、チーム全員で割り勘で出すことに。仕事上でもお世話になった方だったので、どうしても参加したく、何とか給料日前までの家計をやりくりできると判断して、プレゼント・飲み会の両方に参加しました。送別会も無事終わり、同僚ともたくさん話すことができ、充実した日だったのですが、次の日に青ざめることに。すっかり、友人の結婚式2次会の存在を忘れてました。しかも、その2次会は給料日前。結婚式の2次会とはいえ、すでに出席で返事も出しているし、本人達にとっては通常一生に一度のことだし、欠席する理由がお金だなんて言えるわけないし、だからといって気軽にお金を借りる相手もいないし、といろいろ悩みました。こういうときは仕事にもあまり集中できず、通勤・帰宅途中もどうしようか、ずっと悩んでました。でも、結局そんな悩みもあっという間に解決しました。

それはキャッシングです。たまたま、出勤途中に見かけたキャッシング会社の看板をみると、審査が大変迅速で、手続きも簡単なので、気軽に利用することができそうだったので、おそるおそるキャッシング会社のホームページに行き、インターネットで申し込んでみると、あっという間に承認の連絡と翌日には実際の振り込みが。おかげで友人の結婚式の2次会も何事もなかったかのように無事に参加できました。しかも、給料日にはきちんと借りたお金を返済すると利息はゼロでした。そのキャッシング会社によると初回は1ヶ月利息が無料だそうです。キャッシングという便利な方法をもっと早く知っていたら、いろいろ悩まなくてすんだのに、って思った瞬間でした。

ページのトップへ戻る