キャッシング業者を選ぶときのポイントを説明します。

キャッシングをはじめて行う人にとって一番最初の問題は、どの業者が一番いいのか、ってことですよね。巷にはたくさんのキャッシングの業者がありますから、どのようなポイントを見て業者を選べばいいかわからない人も多いと思います。一番最初に思い浮かぶのは、利息が安い業者がいいのでは、という点ですがあまり比較するポイントにはなりそうにありません。というのも、貸金業法が改正されて、いわゆるグレーゾーン金利が撤廃されてから、ほぼどの業者も似たような利率だからです。もちろん0.1%でも低い金利のところから借りたいというのはもちろんありますが、他の点もみて業者は決めたいものです。
まず第一に業者の種類について理解しましょう。キャッシングの業者には大きくわけて4つの種類があります。まずは信販会社と呼ばれる業態が提供しているキャッシングサービスで、本業としてはクレジットカードなどを発行している会社がこれに当たります。次が、消費者金融と呼ばれる、まさにキャッシングを専業としている業者です。他には銀行系のキャッシング、IT系のキャッシング業者があります。
規模の大小で言えば、おおよそ銀行系や信販系のキャッシング業者は大手に属し、消費者金融やIT系のキャッシング業者は大手から中小まで幅広く存在します。大手の方が企業としての体力があるだけではなく、様々な返済方法を用意していますので、返済の際には非常に便利だといえるでしょう。また大手のほうが比較的ですが金利は安めの場合が多いです。大手ですと、テレビコマーシャルや、駅・雑誌などでよく広告を見かけますし、それだけ今までに貸し出してきた実績があるということですから、ノウハウも蓄積されており、困ったときに相談しやすい業者であるともいえるでしょう。
私自身は初めてのキャッシングだったのですが、いろいろ悩んだ結果として銀行(メガバンク)系のキャッシングを利用しました。自分自身もその銀行に口座をもっていたことから、もともとこういったキャッシングサービスを行っていることを知っていて、相談するのに心理的抵抗がなかったのも事実です。返済も銀行からの引き落としでできるので、給料振込み口座から、わざわざお金を引き出してどこかに振り込んだりする必要がなく、返済がとても楽チンで、キャッシング初心者にはとてもお勧めな業者です。

ページのトップへ戻る